地図から探す
お気軽にご意見・ご感想をお寄せください。
ただし、こちらからのお問い合わせにつきましては返信致しませんのであらかじめご了承ください。
» » 高村光太郎の妻、智恵子を育んだ「生家」が当時の面影をそのままに甦りました。
高村光太郎の妻、智恵子を育んだ「生家」が当時の面影をそのままに甦りました。
 明治の初期に建てられた生家には、造り酒屋として新酒の醸成を伝える杉玉が下がります。
屋号は「米屋」、酒銘「花霞」、二階にある智恵子の部屋からは今にも智恵子が。降りて来そうな気配が漂います。
 生家の裏庭には、当時の酒蔵をイメージした「智恵子記念館」があり、智恵子の美しい紙絵や当時の女性としては珍しい油絵の作品等が展示してあります。
 作品を通した智恵子の言葉があなたにも聞こえてくるでしょう。
 近くには、銘菓“奥の白梅”の『おいぜん』や、和洋菓子の『御菓子処南屋』など、製法にこだわった製造・販売している安達のおいしいスイーツが手に入るお店があります。
(智恵子が愛したふるさと安達の生家)
停留所 二本松駅入口 地図
10:23 発
10:33 着
停留所 八軒 地図
施設 智恵子の生家・智恵子記念館 地図

〒969-1404 二本松市油井字漆原町36

停留所 八軒 地図
12:49 発
12:59 着
停留所 二本松駅前 地図
※モデルコースに表記される発着時刻は、時刻改正により変更となる場合が御座いますので、時刻表をお確かめのうえ旅をお楽しみください。
地図上の紫色の線は徒歩のルートを表しています。
但し、徒歩ルートの表示は、Beta版の機能です。実際のルートとは異なる場合がありますのでご注意ください。
このコメントは承認制となっております。
管理者が公開するまで表示されませんのであらかじめご了承ください。
お名前
コメント